山鹿灯籠まつり

熊本県山鹿市・山鹿温泉にある大宮神社の祭りで、毎年8月15日から17日にかけて行われています。
民謡「よへほ節」の調べにのせて浴衣姿の女性たちが、金・銀の紙だけで作られた金灯籠を頭にのせ、しなやかに市内を踊り歩きます。

熊本県天草出身の鶴田一郎は、1989年より「山鹿灯籠まつり」のポスター作品を描き続けています。

LinkIcon「山鹿灯籠まつり」作品集
LinkIcon「山鹿灯籠まつり」について



日本百名城 人吉お城まつり

 「人吉お城まつり」は、人吉城が「日本百名城」に選ばれたことを機に2008年から開催。熊本県人吉市の人吉城跡公園一帯などで5月3日から4日にかけて開催されます。
総勢約200人の武者行列が人吉城を中心に市内を練り歩ことからまつりが始まり、球磨川では梅花の渡し(渡し船)や舟から矢を放つ流鏑舟(やぶさね)、人吉城跡では流鏑馬(やぶさめ)や野点(のだて)が行われます。
 
熊本県天草出身の鶴田一郎は、2012年より「人吉お城まつり」のポスター作品を手がけています。

LinkIcon「人吉お城まつり」作品集
LinkIcon人吉市Webサイト



天草ほんどハイヤ祭り

「天草ほんどハイヤ祭り」は、1966年に天草五橋開通記念祝賀行事の一環として本渡商工会議所婦人会によって「天草ハイヤ踊り」が披露されたのが始まり。4月の「牛深ハイヤ祭り」と共に天草市の代表的なイベントで、本渡地区の夏の風物詩となっています。お祭りは子どもたちが元気に街を練り歩く「天草子ハイヤ」を皮切りに、夏の夜空を鮮やかに彩る「花火大会」、そして市民総参加で道中を練り歩く「天草ハイヤ道中総踊り」がそれぞれ盛大に繰り広げられます。

熊本県天草出身の鶴田一郎は、1993年より「天草ほんどハイヤ祭り」のポスター作品を描き続けています。

LinkIcon「天草ほんどハイヤ祭り」作品集
LinkIcon2013天草ほんどハイヤ祭り



天草四郎 ─祈り─

2002年4月、本渡市民センターのリニューアルオープン記念事業として行われた「鶴田一郎展」で発表されたのが、この作品「天草四郎 ─祈り─」です。

鶴田一郎が初めて描いた「美少年」として話題になりました。この作品は、天草キリシタン館のギャラリー・図書閲覧室に展示されています。

作品名 : 天草四郎 ─祈り─
原画:アクリル on ボード
サイズ : 1170 x 910 mm
制作年:2002年

LinkIcon天草市立天草キリシタン館